トイレが詰まる原因は、回避できる。

トイレが詰まると本当に困りますよね。トイレが詰まると修理をするために費用がかかるだけではなくて、修理が終了するまではトイレを使うことができないので、本当に不便な状況になってしまいますね。ですが、トイレが詰まるには様々な原因があるので、トイレが詰まる原因をあらかじめ回避するとトイレの詰まりをなくすことができます。トイレはちょっとした原因で詰まってしまいます。では、どのようなことが原因でトイレが詰まるのでしょうか。

トイレに物を落としてしまうと、詰まりの原因になる

トイレの使用中にポケットなどに入っている物をトイレに落としてしまった経験はあるでしょう。ですが、トイレに物を落としてしまって、そのままトイレを流してしまうと、トイレが詰まってしまう原因になります。トイレを使用するときには、あらかじめポケットから落ちそうな物は手に持つか、別の場所に置いてから使用しましょう。もしも、落としてしまった物が携帯電話だと、トイレが詰まるだけではなくて、携帯電話の故障にもなります。

水を流すレバーを間違えると、詰まりの原因になる

トイレで排便をしたときに、水の節約のためを思って、水を流す時のレバーを小で流していませんか?確かに小でも流れますが、一見、流れたように見えてもトイレの内部では流れずに大便が詰まっていることがあります。一回や二回なら大丈夫ですが、これが、トイレを使用するたびに行っていると大便がトイレ内部に詰まって、流れなくなっていきます。水を流すレバーの小と大には、それぞれの役割があるので、使用したときの状況に合わせて使いましょう。

いつどこで故障するか分からないので、24時間対応している水道修理屋はあります。困った時にはそういった所を利用すると便利です。

なんで、トイレが詰まるの?詰まる原因って回避できるの?

Post navigation