装飾をよく考えよう!

展示会で一番目をひくのは装飾です。内容も大事ですが、見た目をひきつけるものがあると人も興味を持って足を運んでくれます。スタッフもたくさんいるようでしたら、内容と装飾の分担に分かれて準備するとスムーズかもしれませんね。ウケがいいものを選んでもいいですし、複数の展示が並ぶようでしたら、見る人によってわかりやすい、目立つものがいいでしょう。何をやっているのかわからないという事がないように、誰が見ても理解しやすい装飾にしましょう。

導線をしっかり作りましょう!

展示会の会場はそれぞれ決まっているスペースがあると思いますが、できるだけ、人が入りやすい雰囲気づくりが大切です。展示の目的として、何を見せたいのか、何をアピールしたいのかを明確にして、しっかり目玉商品を目立たせ、展示を考えていきましょう。人は心理的にパーソナルスペースが存在しており、人と人の間にある程度の距離がないと人が近づけないといったことがあります。スペースが許す限り、距離など人の流れをしっかり決めていきましょう。

運営チームの質をよくしていこう!

展示の運営で大事なことはたくさんありますが、一番大事なのが、運営チームの仲間と人間関係、コミュニケーション、情報共有がどれだけできているかが大切となってきます。展示を迎えるまでの打ち合わせでも、何がどう検討されているのか、どういったことをすすめていくのか、何がネックになっているのかを共有し、展示会の日まで入念が打ち合わせをして当日を迎えていきましょう。また、当日も誰が何をするのかもしっかり決めて、顧客を逃さず、射止める接客をチーム全体でできるといいですね。

展示会の施工を希望しているなら、複数のメーカーを比較することが重要です。理想的な価格やサービスを選ぶことができます。

展示会を成功させるための3つのポイントとは!?

Post navigation