新聞や出版物の印刷のあり方も全く違ったものに

コンピューターによる印刷が当り前のものになったことで、新聞や出版物の印刷のあり方も以前とは全く違ったものになりました。中でも最大の違いといっていいものが、かつては当り前の作業であった活字組みといった作業がなくなってしまったことでしょう。これは大変に大きな出来事で、かつては何千何万という膨大な数の鉛の活字を保持していて、それを植字工が印刷の度に組むという作業をしなければならなかったものが、コンピューターによる印刷では全く不要になったことで、膨大な数に昇った鉛の活字も不要になってしまったのですから。

グーテンベルク以来の印刷業の世界も・・・

かつては、長い間にわたって印刷技術の中核を占めていた活版印刷というものが、コンピューターによる印刷の普及によって、全くといっていいくらいに姿を消すことになりました。このコンピューター印刷へと移行する過程では、手動植字という技術もあったわけですが、これもすぐにコンピューターによる電算写植に取って代わられ、その電算写植もDTPによる印刷へと移行して行ったわけです。グーテンベルク以来の印刷業の世界も、コンピューター化によって激変してしまったのですね。

印刷業界の業態もガラリと変ってしまって・・・

活版印刷から手動写植へ、さらに電算写植からDTPへという目まぐるしい印刷技術の変化の中で、印刷業界はその業態をガラリと変えることになったわけです。かつて存在した植字工や写植オペレーターという職業も姿を消すことになったわけですが、これはちょうど、ロボットの登場によって、工場から職工さんが姿を消して行った光景と何やらダブってきますね。コンピューター化によって、かつては大掛かりな設備がなければできなかった印刷という作業も、パソコンとプリンターだけでもできてしまうようになったので、印刷業者の作業場の在り様もまた様変わりしたわけなのです。

企業から顧客に届ける封筒はできるだけ個性的なものにすることで、イメージの向上を図ることができます。そのために封筒印刷を綺麗にしてもらいたいのならば專門の印刷サービスを利用してみることをオススメします。

グーテンベルク以来の印刷業の在り方がガラリと変わることになったのも・・・

Post navigation